運動も苦手!食事制限も出来ない!そんな人がダイエットに成功する道はあるでしょうか?実はあるのです。そうそれは魔法の薬…ではなく、巷で噂の「ダイエットサプリ!」ダイエットサプリを使えばみるみるうちに体重が減って行きます。しかしそれは自分の体質に合ったものでなければいけません。

話題の糖質制限ダイエットを始めてみよう

最近話題の糖質制限ダイエットとは文字通り糖質を制限するダイエット方法ですが、炭水化物ダイエットやローカーボダイエットなどと内容が似ているため混同している方がいらっしゃるようです。

具体的な違いとは、糖質制限ダイエットの場合は糖質のみを食事から取り除きます。炭水化物抜きダイエットの時は食物繊維もなるべく摂取しないように心がけますが、糖質制限ダイエットの場合はあくまでも糖質のみですから食物繊維は積極的に摂取していきたい大切な栄養になるのです。

本来糖質制限は糖尿病の方々や高血糖の方々の食事療法として行われていました。糖質をとるとまず血液中のブドウ糖濃度が高まります。このブドウ糖濃度が血糖値です。この上昇に伴い膵臓からはインスリンが分泌され、筋肉に貯えられたり運動エネルギーとして使われます。そして使いきれなかった糖質は体に中性脂肪として蓄えられるのです。

しかし、糖質を制限しながら運動行うことで中性脂肪が運動エネルギーとして使用されますからダイエット効果が期待できるのです。

実は糖質制限ダイエットには3段階あるのです。1つ目はプチ糖質制限です。一食あたりの糖質を50~60g以下に抑えごはんやパンは玄米や全粒粉パンに変えるなど、ある程度工夫すれば続けやすいので初心者にはオススメの方法です。次にスタンダード糖質制限です。こちらは3食全ての食事でごはんやパン、麺類などの主食を一切食べないように心がけなくてはなりません。糖質を取らないため血糖値も上がりませんしインスリンの追加分泌もありませんからダイエット効果が非常に期待できるのです。最後はスーパー糖質制限です。こちらはスタンダード糖質制限と同様ごはんやパンや麺類といった主食は一切食べることができませんし、さらに一食あたりの糖質を10~20g以下に抑えなくてはなりません。

このように糖質制限ダイエットにも3段階ありますが、本来糖質制限は糖尿病の方々のための食事療法として考え出されたものです。それをダイエットとして応用していますから3食全ての主食を除くのはダイエット効果が高い分、正しい知識で行わないと健康がいする恐れがありますから注意が必要です。

糖質制限ダイエットで注意すること

正しい知識で行わなくては体に悪影響及ぼすことがある糖質制限ダイエットですから、注意すべきこともいくつかあります。まずはタンパク質は毎日欠かさずに必要量を摂取するようにしましょう。皮膚や毛髪や血液など人間の体のほとんどはタンパク質から作られています。また引き締まった体にするための筋肉もタンパク質が必要です。1日の必要量の目安として体重50kgの方は50gのタンパク質を摂るように心がけましょう。

次に良質な脂質ももしっかりとるように心がけてください。ダイエットには不要と思われがちな脂質ですが、オメガ3:オメガ6 = 1:4のバランスで摂取すると太りにくい健康的な体になるのです。このバランスが崩れますと体内機能が狂ってしまいますから注意が必要です。

その他の注意点として代謝が悪くなったり肌の調子が悪くなるといったトラブルが予想されます。また過度な糖質制限を行うと貧血になる場合もありますから、いつでもご自身の体の状態は大丈夫なのか意識しながら続けることが大切です。

糖質制限ダイエットを本気で取り組みたいのであればスーパー糖質制限が1番ダイエット効果が高いと言えるでしょう。しかし、一歩間違えれば健康を害する恐れもありますから、可能であれば専門家の指導の元で行うのが理想的です。

また、糖質制限ダイエットを止めた後は非常にリバウンドしやすくなります。スーパー糖質制限ダイエットを行った後はスタンダード糖質制限に切り替えて、徐々にプチ糖質制限へと移行していくようにしてください。その後もプチ糖質制限を続けていけばリバウンドしにくくなりますし体の調子も良くなっていくでしょう。

これから糖質制限ダイエットを始めようと決意されたのであればメリットやデメリットをよく理解し、いつでもご自身のコンディションを確認しながら行うようにしてください。

関連記事