運動も苦手!食事制限も出来ない!そんな人がダイエットに成功する道はあるでしょうか?実はあるのです。そうそれは魔法の薬…ではなく、巷で噂の「ダイエットサプリ!」ダイエットサプリを使えばみるみるうちに体重が減って行きます。しかしそれは自分の体質に合ったものでなければいけません。

一度痩せると食べることへの恐怖心がわくことも

痩せる方法は複数ありますが、比較的効果が出やすい方法として、食事制限があります。適度な食事制限を行うことは、健康的に痩せる事が出来ますが、食事を抜く方法などの極端な方法を行った場合、痩せる事は出来ても、栄養バランスが偏ってしまいます。身体に必要な栄養を十分に取り入れることが出来ないと、一時的に痩せる事は出来ても、結果的に痩せにくい身体になってしまうことが考えられます。

食べる量が減ると、体は必要な栄養を摂ることが出来ない状態にあると判断します。生命を維持するために、消費カロリーを減らし、脂肪を燃やさないようにするため、食べると食べた分だけ溜め込もうとするのです。極端な方法で痩せると、以前と同じような食事に戻した途端に太ってしまいます。

食べると太る、そのことに焦りと感じ、食べるということに対して恐怖心を感じてしまう可能性があります。食べることに対する恐怖心から食べる量を減らしてしまうと、気が付かない内に拒食症となることもあります。周囲の人が痩せ過ぎであると指摘しても、拒食症の中にある本人はまだまだ自分は太っていると思ってしまい、さらなる食事制限を行うこともあります。

拒食症になると、生理が止まってしまったり、低体温症になる、周囲の人から太っていると言われているのではないかと焦りを感じるなど、脅迫的な考えが強くなってしまいます。体力もなくなりますので、健康な人であれば重症にはなりにくい病気にもかかりやすくなったり、重症化する可能性もあります。最悪の場合には栄養失調により死に至る可能性もあります。

また、人によっては暴飲暴食をし、過食症になってしまったり、食べたことに対して罪悪感を感じ、食べたものを吐くということを繰り返す過食嘔吐症になってしまう可能性もあります。少しずつ食べることに慣れる、考え方を変えるということが必要になりますが、個人で行うのは簡単なことではありませんので、専門医のもとで治療を受ける必要が出てくるでしょう。

水分や糖分だけの生活では体を壊す

健康を維持するためには、必要な栄養素がいくつもありますが、3大栄養素と言われているのが、タンパク質・糖質・脂質です。また、体重の6割ほどは水分であるとも言われているため、十分な量の水分を摂取する必要があります。

タンパク質や脂質を除いた水分や糖分だけの生活を続けていると、筋肉が分解されてしまうため、基礎代謝が低下してしまう可能性があります。また、脂質を摂取すると太ってしまうというイメージがありますが、脂質も健康に過ごすためにはある程度は必要なものです。筋肉を作ったり、痩せやすい体質にするためには、タンパク質や脂質の摂取も必要となります。

水分や糖分だけの生活では、短期間で痩せることが出来ますが、基礎代謝量が落ちるために、太りやすい体質になりますし、内臓にも負担をかけてしまう結果となります。強く痩せたいと希望するのは、若い世代で多いですが、若い時に極端なダイエットを行っても、すぐに影響を感じるということはないかもしれませんが、少しずつ体は蝕まれています。

年齢を重ねるに連れて、体の問題は深刻になり、気がついた時には後戻りすることが出来ないところまでになっていることもあります。間違いに気がついたら、そのときから食事を見直すことで身体の不調を改善することが出来るでしょう。

大切なことは、極端な方法では行わないようにするということです。少しずつ無理のない範囲で元の食事に戻すようにしましょう。必要に応じて専門の知識を持った医師に相談をするなどすると良いでしょう。食べないで痩せるということではなく、食べながら痩せるということに移行して行くようにしましょう。正しいダイエット方法で健康的に痩せましょう。

関連記事